グランドキャニオンに突き出たグアノ・ポイントは、グランドキャニオン全体でも屈指の魅力的なビューポイントです。ポイントの先端まで歩いて、ほぼ 360 度の峡谷の眺めを楽しむことができます。グランドキャニオン・ウェストのこの場所では、ツアー中の食事として人気の高い、ワラパイ・ビュッフェが提供されています。グランドキャニオンの端近くに座って、ぜいたくな食事が味わえます。このポイントでは、産業遺産を見ることもできます。1958 年、U.S. Guano 社は、近くにあるコウモリの洞穴を購入しました。同社はリム下の洞穴から、100,000 トンのグアノ (肥料の原料となる糞) が採取できると見込んで、350 万ドルを投資して路面列車システムを建造しました。残念ながら、この見込みは正しくありませんでした。1959 年末までに採取されたグアノはわずか 1,000 トンに終わりました。閉坑後、間もなく米国空軍の戦闘機が衝突し、高架線システムは完全に不能となりました。残された塔が、かつてグランドキャニオンで採掘しようと試みた者たちの記念碑のように、手つかずのまま存在しています。このポイントの見どころは歴史的なモニュメントだけではありません。ワラパイ・マーケットも観光客に人気があります。このユニークなショッピング・エリアでは、ワラパイの職人による工芸品と、彼らの文化の重要さを伝える知識の両方が提供されます。