ナバホ族の人々は、呪術師の徒弟に伝わる一連の神聖な儀式に誇りを持っています。50 種類以上の儀式を覚える必要があることから、ほとんどの呪術師は一部の儀式のみを専門としています。ナバホ族の人々にとって、儀式は、歴史の貴重な教訓と、単に生きるだけでなく、ナバホの流儀で責任を持って生きる方法を学ぶ手段です。それ以外に、たとえば子どもが初めて声を出して笑った記念のみを目的とする儀式もあります。このような儀式は、部族内での誇り高い祝福の時間と考えられています。このお祝いは、「ファースト ラフ ライト」として知られています。ナバホ族の文化では、夜明けは新たな 1 日、すなわち過去に犯した罪にかかわらず再生するための 1 日です。毎朝、創造主によって祈りが聞き届けられると信じられています。

4 という数字もナバホ族の文化で重視されています。始祖の 4 つの一族、ナバホ族の土地を囲む 4 つの山、4 つの方向、四季、4 つの色にまつわる数字だからです。4 という数字は多くの儀式で特別な役割を果たします。結婚するとき、男性たちは、妻の家に移り住み、その一族となります。伝統的な男性に重きを置く文化と異なり、ナバホ族では主に女性が家長となります。ナバホ族の伝統では、代々受け継がれる遺産を女性が引き継ぎます。