政府/部族の評議会:

ナバホ族の土地で油田が発見されるまで、本格的な政権は存在しませんでした。鉱物の譲渡を適切に認定するために、ナバホ・ネーションの部族議会が 1923 年にアメリカ合衆国内務長官によって結成されました。ナバホ族は 3 回にわたり、憲法の作成と制定を拒否しました。3 回目の 1968 年に、憲法の草案が部族議会によって承認されますが、批准のために人々に届けられることはありませんでした。1934 年、インディアン再編成法が、組織の系統に従った再編成の目的で提出されました。インディアン局の局長ジョン・コリアが打ち立てた家畜削減政策に終止符を打とうとして、ナバホ族の人々はインディアン再編成法を却下しました。

家畜削減政策によって、ナバホ族の土地で許可される羊の数が大幅に減少しました。1933 年、羊は合計で 130 万頭を超え、羊に与える草も十分ではありませんでした。浸食も政府にとって弱点となり、羊を半分まで削減するべきと判断されました。このような動きは部族の社会構造と経済構造を変質させました。1991 年、ナバホ族の政府は行政、司法、立法に再編成され、三権分立制をとるようになりました。部族政府は現在、アリゾナ州のナバホ・ネーションの首都ウィンドウ・ロックで 1 年に少なくとも 4、5 回の会合を開き、そのメンバーは 110 の支部を代表する 88 人の代表者で構成されています。