人間および場所:


ナバホ・ネーションは、27,000 平方マイル (約 69,930 平方キロ) の土地であり、悪名高い米国のフォー・コーナーズ地域にあります。その領域はアリゾナ州北東部すべて、およびニューメキシコ州とユタ州の一部です。フォー・コーナーズ地域のうち、ナバホ族の土地はコロラドまで延びていません。この土地は、米国の中のネイティブ アメリカン管轄の土地のうち、最も大きいとされています。その面積は、米国で最も狭いロードアイランド州、ニュージャージー州、コネティカット州、デラウェア州の 4 つの州の合計よりも広いです。ナバホ族の人々は、居住区を神聖であると信じており、土地を囲む 4 つの山の間に住みつづけるべきだという信念を貫いています。

その 4 つの山とは、コロラド州南部のブランカ山、アリゾナ州北西部のサン・フランシスコ・ピークス、ニューメキシコ州北西部のテーラー山、コロラド州南西部のヘスペラス山です。ナバホ族の人々は「ホーガン」と呼ばれる家に住んでいます。ホーガンは、部族のメンバーにとって神聖であると考えられていて、神聖な儀式に用いられる家屋として以外にも、家族の住宅としての役割を果たしてきました。1900 年代の初めまで、ホーガンは、男性と女性を表現して建てられていました。男性の、「分岐している」ホーガンには、建物の前部に小さな入口があり、5 つの三角形の面で構成されるピラミッドのような形をしていました。男性のホーガンは、秘められた神聖な儀式のみのために使用されました。女性の、「円形の」ホーガンはずっと広く、家族が生活するために建てられました。女性のホーガンには、小さな入口はありませんでした。"The Blessingway" という歌は、コヨーテがビーバーの助けを得て最初のホーガンを作ったことを歌っています。ホーガンは、最初の女性、最初の男性、話の神のために建てられました。朝の太陽を歓迎し、幸福を呼び込めるように、ホーガンは東向きに建てられます。