ナバホ族は、祖先の言語を受け継ぎ、何百年も前から使われている言語を今でも話しています。ナバホ語は、アサバスカ語として知られる言語から派生しました。この 2 つの部族の間の関係は言語的な証拠によって示唆されています。また、南西部で広く発見されている古代のペトログリフ (岩面彫刻) は、現代のナバホ族も認識・理解できます。ナバホ語は最も複雑で難しい言語の 1 つと言われています。ナバホ語はアパッチ語と似ていますが、他のネイティブ・アメリカンの言語とは関係がありません。最初のナバホ語による記録が 1849 年、ジェームズ・H・シンプソン中尉の軍事偵察のジャーナルによって明らかになりました。文中には単語リストが公開されていました。

宣教師たちが多様な綴りや文法の形式を作成し、さまざまな宗教書や辞書ができたことから、標準のアルファベットが必要になってきました。インディアン局長のジョン・コリアは、インディアン教育部の長であるウィラード・ビーティと共に、4 人の男性を雇って、ナバホ語のアルファベット、ナバホ語の刊行物と言語に関する文書を作成しました。ただし、識字力を高めるための取り組みや新たに作成されたアルファベットを、先住民の部族はあまり重視しませんでした。