映画の中のモニュメント・バレー

モニュメント・バレーは、20 世紀のさまざま映画のロケに使用されてきました。馬に跨り、夕陽に向かって去っていく孤高のカウボーイや、砂漠の谷で野生の馬を追う男たちを想像してください。ジョン・ウェイン主演の西部劇や、ジョン・フォード監督の映画、あるいはもっと最近の映画を観てみましょう。どことなく見覚えがありませんか?それがモニュメント・バレーです。

「駅馬車」、「荒野の決闘」、「捜索者」、「西部開拓史」など多くの作品がモニュメント・バレーを舞台に制作されました。伝説的な西部劇俳優のジョン・ウェインや、同じように伝説的な監督であるジョン・フォードの代表作の多くでモニュメント・バレーが使用されています。1994 年には、オスカー受賞作「フォレスト・ガンプ/一期一会」が国立公園を通る道路沿いで撮影されました。ほかにも、「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」や「ホリデーロード 4000 キロ」にも、ここをロケ地としたシーンが登場します。